2006年04月21日

今年はじめての例会だったのですが…、

う〜ん(汗
会で話す内容をもっとよく練っておくべきだったなぁ…、と反省しきりです。
場を盛り上げることができる話題を、何かひとつでもいいから見つけようと探しつつ…、それが見つからず、じょじょに焦りが…。。。
せっかく今日は3名の方が来てくれたというのに、味気ない散会となってしまい、何だかとても申し訳ないような心持ちです。

仏教に興味のある学生は少なくないと思います。
その興味関心に応えていけるようなサークルにしていけば、うまく軌道に乗る気がするのですが、今のところ良い方法がなかなか掴めません。

私自身、「仏教に興味があります」という入会当初のレベルから進歩しておらず、他の人を招くには力が不足していることを改めて痛感させられました。

しかし、今回の経験を少しずつでも活かしていくことができれば、そのうちきっと…!
などという淡い期待を抱きつつ、がんばりましょう。
なんといっても5月13日(土)の映画鑑賞会を成功させましょう。
それが、当面の目標になると思います。
posted by ほとけどじょう at 23:30| 東京 ☀| Comment(31) | TrackBack(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

法隆寺の国宝・東大門に落書き

法隆寺の国宝・東大門に落書き

 19日午前11時45分ごろ、奈良県斑鳩町の法隆寺で、東大門(国宝)のヒノキ製柱に「みんな大スき」と彫られた落書きがあるのを県教委文化財保存事務所の作業員が見つけた。
 県警西和署は悪質ないたずらとみて、文化財保護法違反や器物損壊の疑いで調べている。
 文字の一部は柱を深くえぐっており、寺は文化庁と補修方法を検討する。
 落書きは縦約60センチ、幅約8センチ。門を支える12本の柱のうち、北西の柱(直径約40センチ)の高さ約1メートルの位置に、石のような硬いもので刻まれていた。寺によると、午前7時の開門時には異状はなかった。
 東大門は三棟造りと呼ばれる珍しい様式で、1952年に国宝に指定された。五重塔や金堂を主体とする西院伽藍(がらん)と夢殿を中心とした東院伽藍の間にあり、観光客らの往来が多い。

(読売新聞) - 4月19日19時27分更新

一見すると何でもない落書きのようですが、あるいは聖徳太子の怨霊を解き放つための呪術なのかもしれません。
捜査当局には、そういう可能性も視野に入れたうえで検証してもらいたいものですね。
posted by ほとけどじょう at 20:55| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

お花祭り企画

本日は新入生歓迎企画として、早稲田のお寺で行われるお花祭りに参加してきました。
と、言いたいところですが…、
参加したのは石濱先生、苦沙弥さん、破顔君、ほとけどじょうの4人のみで、
肝心の新入生は不参加という結果になりました。残念!
今後の巻き返しを期するばかりでした。

目白の南蔵院では、ご住職がサンスクリット学者として大学教授もつとめる方ということもあって、よい仏縁に一同おおいに盛り上がりました。

春うららかな暖かい昼下がり、と、言いたいところですが…、
急に雲行きが怪しくなって、突然の雨。
天候の不順など、今年の仏青の多難ぶりを占うかのような出来事にも見舞われましたが、
前途への希望をもって新入生を迎え入れて行きたいですね。
posted by ほとけどじょう at 18:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

お花祭りに行きませんか?

ohanamatsuri.jpg

明日、4月8日は釈尊の生誕を祝うお花祭りの日です。
仏教青年会では新歓企画として雑司ヶ谷鬼子母神のお花祭りに参加します。
このブログを読んで、もし興味のある方がおられましたら、いっしょに参加しませんか?
明日午前10時に学生会館の部室(E-508号室)集合です。

と、言っても、私のブログなどでは効果があまりないかもしれませんが、
念のため…。
posted by ほとけどじょう at 19:33| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 仏青活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

新歓期間終了

今日で新歓期間が終わりですが、残念ながら新入生で確実に入会してくれそうな人は未だ現れていません。
新入生とじっくり時間をかけて話をする機会がなく、パンフレットを手渡すだけで終わってしまったのが、残念です。
やっぱり出店をとれなかったのが大きな痛手だと思います。
後続世代への教訓としましょう。

それから、新歓期間のキャンパスはすごい喧噪で、その中にいるだけで気が滅入ってしまい、大変でした。
ほかのサークルは豊富な人員が日替わりで勧誘に当たっているのですが、仏教青年会は同じメンバーがずーっと出ずっぱりで、そのぶん疲労の差が激しかったことも敗因のひとつだと思います。
相手はリリーフ・ピッチャーを次々と繰り出してくるのに、こちらは先発投手が完投しなければならないという、困難な試合を戦っているようなものです。

そんな状況の中で、お袈裟を着て走り回っていた破顔君は、すばらしい注目を集め、まさに大車輪の活躍でした。
彼には殊勲賞をあげるべきだと思います。
それから、パンフレットの印刷や学生会館の会場抽選会など、重要な役目をきっちりこなした若手のQ熱リケッチャ君には敢闘賞をあげましょう。

ということで、何というか残念な結果であったわけですが、まだまだ諦めるのは早すぎます。
しばらく待って環境が落ち着いてから、気長に入会者を募っていくことにしましょう。
posted by ほとけどじょう at 19:01| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 仏青活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

ボーズ・ビー・アンビシャス!

今日は、日曜日で新歓活動は中休みです。
ウォーミングアップはここまでで、明日からいよいよ本格的に勧誘活動に取り組みましょう。
明日は幾つかの学部で科目登録があるそうですから、新入生の方も大勢見えると思います。
「あか抜けて、心地よく、洒脱に」を合い言葉に、果敢なアプローチを試みてください。
パンフレットを十分に活かしつつ仏青の魅力を伝えれば、必ずや成就する仏縁があるでしょう。
そんなふうに頑張る破顔君やQ熱リケッチャ君にエールを送りたいと思います。
私はといえば、折から増えた花粉の飛散に弱いこともあって、かっぱえびせんを食べながら部室で待機する予定です。
さあ、がんばろう!
posted by ほとけどじょう at 23:30| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 仏青活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

新歓 第1日目

今日はキャンパスすべてが、カーバ神殿のような状況になっている中を、押し合いへし合いしながら、縦横無尽に駆け巡った一日でした。
分け入っても、分け入っても、人の海。
せっかくの入学式なので、「希望の海」と言いたいところですが、もはや「生死の苦海」でした。
ということで、残り少ない体力を振り絞って、今日あったことを箇条書きで書いてみます。
・チラシ1500部を刷り、新入生に配る。
・残りを戸山キャンパスの掲示板に貼る。
・そのまた残りを本部キャンパスの掲示板に貼る。
・龍泉院(馬場下交差点の角のお寺)の掲示板にカラーポスターが
 貼られているのを見る。ご住職さま、ありがとうございます!
・休憩。
・今後の新歓日程について計画を立てる。
・しばし歓談。

こんなところです。
センさんとは有意義な会話ができたので、良かったです。

と書いたところで、もう11時を過ぎています。
早く銭湯に行かないと閉まってしまうので、今日はここらで…。
posted by ほとけどじょう at 23:14| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

新歓準備 最終段階

いよいよ新歓が迫ってきました。
今日は最終的な準備を整えるため、Q熱リケッチャ君と打ち合わせをしました。
主な内容は以下のとおりです。
・近所のお寺を伺ってポスターの掲示をお願いした。
・むげん堂で買い物をして、部室に若干の装飾を施した。
・新歓当日の準備品やタイムテーブルを決定した。
・映画上映会の開催方法を学館スタッフの方に尋ねた。

これで新歓当日はバッチリでしょう。

あと、ビラのバリエーションをもっと多彩なものにしたいと
かねてから思っていたので、それについても話し合いました。
その結果、次のようなキャッチコピーを思い付いたので紹介します。

muga.jpg
shucho.jpg
antichirist.jpg

そして極めつけはQ熱リケッチャ君が考えた
seiketsu.jpg
です。
これは素晴らしい!
真ん中ストレートなのに誰も打てない160km/hの球のようです。

いまや弦の張りは最高潮に達し、再び彼方へ向かって希望の矢を放ちうるほどに、早大仏青はその生命力を恢復したのだ。
そう確信して、ともに新歓を頑張ろうではありませんか。
posted by ほとけどじょう at 20:04| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

HP「会の沿革」を更新

新歓期間に向けてホームページを充実させたいと思い、
「会の沿革」のページを更新しました。

今までは「申し訳ございませんが、ただいま工事中です。」
としか書かれておらず、何とも寂しい状態だったのですが、
新しく文章を書き込んで、少しは見栄えがするようになったと思います。
http://wasebutsu.ld.infoseek.co.jp/history.htm

「早大仏青の歴史と伝統は、私たち会員の財産であると同時に大学の財産でもあるのです。」という点を、もっと強調したいですね。
posted by ほとけどじょう at 17:08| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

再度、仏青会議

明日24日の14時から文学部キャンパスにて東洋哲学専修のガイダンスがあり、
その際に岩田先生が見えるそうなので、仏青会員一同で伺う予定です。

この機会に新歓のことでいろいろ打ち合わせをするので、
後日、その決定事項をブログで紹介したいと思います。

あと、部室の装飾もやりたいですね。
むげん堂で暖簾(のれん)などを買ってエスニックな雰囲気にしましょう。
posted by ほとけどじょう at 23:14| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。